コラム

電報は色々な場面で送ることができます

電報は結婚式やお通夜、お葬式だけでなく、例えばお世話になった方の昇格などの際に活用することもできます。
最近では妻が退職を迎えた夫に対して電報を送るというもあります。
この他にも、快気祝い、開店祝い、誕生日祝いなどに利用することもできます。

電報なら気持ちをスムーズに届けられます

気持ちを伝える手段はいろいろありますが、大切な気持ちをお相手にしっかり届けたいときに役立つのが電報です。
結婚式などにお祝いの気持ちを伝えたいときはもちろんですが、大切な人の訃報が届いたときもお悔やみの気持ちを伝えることができます。
祝電も弔電もオンライン上で簡単に申し込めますので、さまざまなシーンで役立ててみましょう。
台紙はたくさんのデザインの中から希望に合ったものを選べますし、豊富な文例も用意されているため、初めて電報を送る人でも利用しやすいです。
もちろん、わからないことがあるときは、電話などで問い合わせることも可能です。
ちなみに、母の日や父の日にも電報を送ってメッセージを伝えることができます。
遠く離れて暮らしているご両親にありがとうの気持ちを伝えたいときだけではなく、顔を合わせると素直に気持ちを伝えられないときも上手に利用してみるとよいでしょう。

冠婚葬祭には電報で気持ちをお届け

冠婚葬祭の際には、電報が良く読まれます。これは、企業側としての結婚された方への祝福であり、また葬儀の際にはお悔やみの言葉を述べる事にも使われます。
さらに、遠方で参列できない人のために、気持ちを届けるために送るのが電報でもあります。
現在では、気持ちの言葉を贈るとともに、メッセージだけでなく物を添えてもすることが可能です。
お祝いの際には、ぬいぐるみやお花に小物といった様々なものを添えての送ることができます。
弔電の場合は、ブリザーブドフラワーを添えて送る事で、故人の祭壇に花を添えてもらう為に送るというものもあります。形は違えど、気持ちを届けることもできるように現在はなっています。
また、普通のカードでなく、しゃれたものも多くあり、写真フレームになったり、シールが付いていたり、受け皿がついている物もあります。