コラム

電報の歴史は意外にも電話より古い

電報というサービスは、実は電話よりも古いです。
電報が登場したのは、明治二年のことです。1869年のことですから、このころ生まれたサービスがまだ現代でも生き残っているという点には驚く人が多いですね。
しかし今の電報は昔のものと比べても大幅に進化しています。メッセージだけではなくて、ギフトまで一緒に送ることができるわけです。
ぬいぐるみや花束などに添えてメッセージを送れるということで、電話やメールが発達した現代においても色々なシーンで使われています。
特に冠婚葬祭時には使われる頻度が高くなっています。結婚式に参列ができない場合には、この通信手段を使ってメッセージを送るということが現在でも当たり前に行われています。
お葬式の際にも、参列できない場合には使うことがあります。送られてきたメッセージを読み上げる時間が用意され、自分の言葉を会場の全員に伝えることができる場合もあります。

ギフトが色々選べる最近の電報事情

昔は電報といっても、ただ単にメッセージを送る機能しかありませんでした。
しかも、その文章も自由には送れなかったわけです。文字数に制限がありましたし、カタカナぐらいしか使うことができなかったからです。
今ではひらがなを使えるサービスも登場してきたので割と普通の文章も送れるようになっています。
また、ギフトをメッセージに添えて送ることもできます。
そのギフトの種類が豊富になってきている点も見逃せません。ごく普通のカードタイプのものもありますし、ぬいぐるみを付けて送れるタイプのものもあります。写真立てもギフトとしては定番のものとなっています。他にもドライフラワーなど、挙げればキリがないぐらいに種類は豊富になってきています。
シーンに合わせて最適なものを選べますし、選択肢が多いですから他人と被ってしまう危険性が少なくなってより便利だと評判です。

電報はお祝いなどを手軽に贈ることが出来る

結婚や出産などのお祝い事があります。結婚であれば、結婚式に招待されれば出席をし、そこでお祝いの言葉を伝えたり、お祝いを渡すことが出来ます。出産に関しても同様です。
でも、出席が出来なかったり、出産後になかなか会うことが出来ない場合があります。今は簡単な方法として、電話やメール、SNSなどでメッセージを伝えることはできます。
それらだとあまりに簡単すぎてお祝いの気持ちが軽くなってしまうと感じるでしょう。
電話だと後に残らないので、それも気になる人がいるかもしれません。電報のいいところは、離れていても手軽に贈ることが出来るところでしょう。
電話などのように残せないのではなく、物として残すことが可能です。以前であればただ言葉を並べるだけでしたが、今は花をつけることが出来、ちょっとしたプレゼントと一緒に送ることも可能になっています。