コラム

弔電(ちょうでん)を送るときのマナーは告別式などに間に合わせる

通夜と葬式

人が亡くなったときに行われる儀式としてお通夜とお葬式があります。
この2つはセットで行われることが多く、離した日程で行われることはあまりありません。ですのでお葬式の日程が決まってからその前日にお通夜をする形になるようです。
友引はお葬式をするのには適さない日とされているので避けられます。必ずしもなくなってすぐ行われるわけではありません。

どちらかの式に出席する場合

お通夜とお葬式のどちらかにしか出られない場合、「通夜でないといけない」「葬式でないといけない」ということはありません。
出席できる方に出ましょう。
しかし両方に出席できないこともあります。この時は弔電を送ることになります。
弔電はマナーとしていつまでにすればよいかがあります。お葬式の場合は知った日の次の日などのことがあります。余裕があるときは準備をすることもできますが、急に行わないといけないこともあります。

弔電

一般的に言われているのは、告別式が始まる前までに到着するようにします。亡くなってすぐ行うこともあるでしょうが、葬儀場なども予定があるのですぐには行えません。
数日間を置くことがあります。その間に日程が決められて関係者に連絡されます。
連絡が来たらすぐに準備をするぐらいが良いでしょう。
前日になって急に行けなくなった時も、わかったときに準備するようにします。