知る人ぞ知るサイト!電報専門サイトおすすめ電報7社 比較ランキング公式SITE

ホーム > コラム > 電報を贈る際の申し込み方法に関して

電報を贈る際の申し込み方法に関して

いざ、電報を申し込もうと考えても、どのように申し込めばいいのかわからないという人も多くいます。
基本的に電話とインターネットで申し込みができます。
近年はほとんどの場合がインターネットを利用して申し込まれています。
インターネットで申し込む場合は、宛先と送付希望日や希望の時間帯、差出人の情報などを表示される手順に従って入力していきます。
インターネットで申し込むメリットというのは時間や場所を選ばずに自由に依頼することができますし、また次の機会にまた利用しようと思った場合でも登録情報が残っているので、入力時間が短縮されます。
しかし、入力を間違うと取り返しがつかないことがデメリットです。
電話で申し込む場合は、受付専用番号が存在しているので、担当のオペレーターがきちんと口頭で確認しながら手配してくれます。
ただ、最近では電話受付していない会社もあるので確認するようにしてください。



葬儀の時に送る電報の送り方を考える

お葬式に参列したくても、出張中などで出来ない場合があります。
そんな時、参列出来ない代わりに弔電を送る場合が出て来ます。
そんな弔電は、通夜とか告別式が始まる1時間前には、届くように手配すると良いでしょう。
また、その電報も間に合わない時には、通夜や告別式が始まる前に電話で参列出来ない旨を伝えると供に、後日に故人宅へ伺う方法も考えられます。
この弔電のあて先は、亡くなられた方の住所に送るのではなく、葬儀が執り行われる斎場に送ることになります。
そのため、事前に斎場の住所や電話番号を調べておくことが必要です。
しかしどうしても斎場の場所が判からない時は、喪主家に送ることになります。
その電報の宛名は、喪主名にすることが基本です。
差出人の表記には、遺族の人たちが見て、すぐに判かるように、故人との関係を添えておくと良いでしょう。



電報と電話はどちらが便利か知りたい

確かに電報のやり方が分からなくても電話があるから大丈夫と考えている人もいるでしょう。
それなら、すでに電報というモノも誰も利用しなくなっているはずです。
しかし、実際のところは祝電や弔電を打つ人は沢山存在します。
結婚式や入学式や卒業式、沢山の祝電が寄せられているというのはすでに当たり前になっています。
おまけに内容も進化しているようです。
何しろ、いろんなサービスが増えています。
最近では声も同時に送ることもできます。
電話と比べて便利だと感じる人も大勢います。
その理由としては電話では声だけしか相手に伝えられないからです。
しかし、電報はそうではありません。
例えば、祝電なら相手が喜ぶようなモノを添えて贈ることができます。
弔電ならお線香などを贈る人もいます。
しかも、サービスを斡旋する業者は沢山あって利用者は自由に選ぶことができます。

次の記事へ

カテゴリー