知る人ぞ知るサイト!電報専門サイトおすすめ電報7社 比較ランキング公式SITE

ホーム > コラム > 長めのメッセージを電報に入れたい場合

長めのメッセージを電報に入れたい場合

電報は、自分が出席できない結婚式や葬儀に使われることが多いです。
親しい方であるほど書きたいエピソードががあり、メッセージが長くなりがちです。
電話で依頼出来る電報の中には、定型の文例集が豊富に用意されていて、その中から選べば楽に作成できるでしょう。
しかし、料金が文字数あたりの金額となり、長くなると非常に高価になってしまいますし、定型文のみで送信すると、親しい間柄では味気ないメッセージに感じられることもあるでしょう。
近年では、民間の電報会社が設立され、専用のサイトのフォームから送りたいメッセージを考えながら作成できます。
料金も定額制で、文字数がおよそ300字~350字くらいまでと設定されていることがあります。
十分な長さですし、規定以上の文字料金がかかることがありません。
急な場合には、最短で翌日までには届けられるようにできる場合がありますし、日程が分かっている場合には1ヶ月くらい前から送付の予約ができるサービスもあります。
長いメッセージを送りたいなら、利用の検討をしてみるといいでしょう。



電報で気持ちを伝えることができます

電報には二種類あり、弔電と祝電があります。
弔電に関しては、葬儀に出席できない人などがお悔やみの気持ちを伝えるために出します。
そして、祝電はお祝いの気持ちを伝えるために使います。
ちなみに、台紙もいろいろな種類があり、用紙だけでなく電報の種類に応じて、線香やドライフラワーの他、キャラクターのぬいぐるみなども用意されています。
そのため、その場に合わせてチョイスをします。
ちなみに、依頼をするときの方法としては、電話やインターネットから依頼をすることができます。
ちなみに、できるだけ早く依頼をすることが大切ですが、当日の19時まで依頼をすると当日中に届けてもらうことができます。
しかし、ぬいぐるみなどは準備できないこともあるのでその点は事前に確認をしておく必要があります。
そして、一番重要な部分がメッセージですが、例文がいろいろと用意されているので、その中から状況に合っているものを指定するという方法もあります。



電報を活用して気持ちを伝えよう

伝えたいメッセージがあるとき、現在はメールやSNSを利用すれば、24時間いつでも相手に気持ちを届けることができます。
でも、結婚のお祝いメッセージを伝えたいときは、電報を利用することで、よりしっかりと祝福の気持ちを相手に伝えることができます。
また、電報は大切な人の訃報を受けたときも役立ちます。
遠方に住んでいるため、どうしても葬儀に参列できない場合は弔電を送りましょう。
ただ、電報を初めて送る人は、どのようなメッセージを送ったらいいのか迷うことがあるかもしれません。
そんなときは、送り慣れていない人のためにたくさんの文例が用意されていますので、参考にしてみるとよいでしょう。
ただし、他の人と同じ文章にならないようにするために、文例を参考にしつつ、出来るだけ自分の言葉で考えた文章にすることが大切です。
ちなみに、祝電も弔電もオンライン上で24時間いつでも申し込めます。
申し込み方法はシンプルでわかりやすいので、誰でも利用しやすいのも魅力です。

次の記事へ

カテゴリー