知る人ぞ知るサイト!電報専門サイトおすすめ電報7社 比較ランキング公式SITE

ホーム > コラム > 定番の台紙を選ぶタイプからプレゼント付きまで

定番の台紙を選ぶタイプからプレゼント付きまで

 何らかのメッセージを手紙でもらうとき、その手紙の紙質によって気分が変わることがあります。一般的な紙もあれば、和紙であったり、固くて丈夫な紙で作られていることもあります。
 真っ白のものから、色が付いたり、金や銀色のものなどもあります。電報の種類として、まずは台紙にいろいろなパターンがあります。
 最もシンプルなのは、普通の紙に印刷するタイプです。
 電話のない時代に情報を伝達するときにはまさに紙に文字を打つだけでした。今でも何か緊急の情報などを伝えるときにはシンプルな紙を使うこともあります。
 ただ、今は多くの紙があり、そちらを選択することが多くなっています。
 お祝いにしてもお悔やみにしても、一般的な用紙から、上級の用紙を選べるようになっています。
 紙の種類によってもちろん値段も変わります。相手にも、良い紙の方が喜んでもらえるでしょう。


 贈り物として花を贈ることがあります。特に女性に対しては喜ばれることが多いかもしれません。直接渡すのであれば、生花などを渡すことが多くなりそうです。
 電報の種類として、花に関するものがあります。最も簡単なのは、押し花タイプです。
 台紙に花が貼り付けられています。本物ですから、花の美しさを感じることができ、それをずっと残すことができます。
 その他には、立体の花が付いたタイプがあります。生花は、届くときに合わせて手配してもらえますから、きれいな花を相手に届けることができます。
 生花の場合、鮮やかですがそのうち枯れてしまいます。枯れずにきれいな花を残すことができるドライフラワーやブリザーブドフラワーが人気です。
 こちらであれば、花の色を維持しながらも、枯れずにそのまま持ち続けることができます。記念にすることができます。


 贈り物をするときは、通常は宅配便などを利用します。今は電報でもものを贈ることができます。
 新しいタイプとして、ぬいぐるみなどのものをセットにできるタイプがあります。申し込みをするときに、メッセージとつける贈り物を指定します。
 するとメッセージ書かれた台紙と贈り物を届けてくれます。通常なら別々に依頼しないといけないでしょうが、一度に両方贈ることができます。
 ぬいぐるみ以外の商品も多くあり、相手の好みがわからない場合には、カタログギフトをつけることもできます。
 通常のカタログギフト同様、もらった側は中にある商品の中から好きなものを選び、それを受け取ることができます。業者によって商品のラインナップは異なります。

次の記事へ

カテゴリー